Humberger
 

1.原田圭代表理事挨拶

大学スポーツ界のめまぐるしい変革

ユニサカ理事の原田圭と申します。現在慶應義塾大学3年、体育会ソッカー部に所属しております。目まぐるしい速さで変化、革新が起こる現代社会において、大学スポーツという領域も例外では無くなっています

大学スポーツが価値や魅力を発揮しきれてない現状

2016年4月、当時の馳文部科学大臣の下「大学スポーツの振興に関する検討会議」が設置され、翌年3月最終とりまとめ公表では日本版NCAAの 2018年度創設をはじめ、大学スポーツの様々な改革案が示されました。検討会議では、大学スポーツは学生の自主的な課外活動という認識のもと大学側の関与が少なかったために資源を十分に利用できておらず、本来発揮することができる価値や魅力を発揮できていないという課題が挙げられています。

トップダウンによる大学スポーツの岐路

そこで各大学にスポーツ専門部局やスポーツマネジメントを担当するスポーツアドミストレーターを配置する取り組みが現在行われています。まさに日本の大学スポーツは上からの動きによって変化が起きつつあり、岐路に立たされています。

大学スポーツの意義とは主体性

一方、私は大学スポーツの意義とは主体性を持って問題解決に取り組みその過程を通じて学びを得ることにあると考えております。だからこそ上からの動きだけでなく、共に大学スポーツに関わる学生が当事者意識を持って、下から大学スポーツの革新に勇気を持って参加することが今まで以上に求められていると感じております。

主体性を持って行動する学生の母体としての「ユニサカ」

ユニサカはそうした勇気ある学生の同志の輪を広げ、新たな価値の創造に向けて挑戦できる母体としての役割を持つことを目指しています。課題を抱える当事者だからこそできることがあります。私達にしかできないことを、この志を共にする同志と必ずや成し遂げ、革新への一歩を踏み出していきます。
 

ユニサカ代表、慶應義塾体育会ソッカー部3年
原田圭

2.ユニサカとは

ユニサカでは「大学サッカー人気向上に伴う競技力向上」をビジョンに掲げ、「早慶クラシコプロジェクト」「関東リーグ1000名動員プロジェクト」を行なっています。

Philosophy

自分たちが 大学サッカーを 変えていく

Vision

大学サッカーの人気向上による競技力向上 〜大学サッカーから日本のサッカーレベル向上を〜

Mission

1.集客力向上・ファン獲得・文化醸成

2.経済的基盤確立に向けたシステムの構築

3.大学サッカーを「大学と地域を繋げる架け橋」に

Contents

1.早慶クラシコプロジェクト

2.関東リーグ1000人動員プロジェクト

 

about-2017→